豊かな社会創りに貢献する「グッドカンパニー」として、環境共生・安全・工期・コストを追及し、確かな実績を築きます。

会社概要

  • HOME »
  • 会社概要

ごあいさつ

asama

「人は宝なり」が私の哲学です。
企業を支える人、そのひとり一人が切磋琢磨し、各人の持てる力を十二分に発揮することで、私たちはお客様のベストパートナーとして共に発展し続け、また豊かな社会創りに貢献できると信じています。

 この緑豊かな星の誕生以来、今なお滾(たぎ)るエネルギーを放出し続ける浅間山の麓から、タカサワマテリアルは常に世界へ目を向け行動する企業でありたいと考えています。
つねに夢を描き、そのひとつひとつを確実に実現していくパワーを原動力に、私たちは未来へ躍進していきます。

代表取締役社長 小林 正夫

img_sign2

 

 

会社概要

商号 株式会社タカサワマテリアル
本社 長野県佐久市野沢94-1
設立 昭和24年7月30日 (創業明治15年2月1日)
資本金 1億円
代表者 代表取締役社長 小林 正夫
社員 135名
事業内容 建設資材の販売、製造及び関連工事
許可番号 建設業許可 長野県知事許可(特・般)3558号
産業廃棄物処分業許可 長野県知事許可第2020083584号
産業廃棄物収集運搬業許可 長野県知事許可第2000083584号
宅地建物取引業許可 長野県知事(9)第2834号

沿革

1882年(明治15年) 佐久市野沢に銅鉄金物の卸・小売を創業
1948年(昭和23年) 上田支店開設
1949年(昭和24年) (株)大草商店設立
1951年(昭和26年) 長野支店開設
1964年(昭和39年) 西上田駅前に上田生コン工場を建設し稼働
1966年(昭和41年) 松本支店開設
1967年(昭和42年) 北佐久郡御代田町に軽井沢生コン(株)
(現 (株)オークサ・レディコン軽井沢) を設立・稼働
1968年(昭和43年) ◯佐久市取出町に鉄鋼センター開設(現佐久支店)
◯朝日工業(株)(生コン製造、茅野市)に資本・経営参加
1973年(昭和48年) 佐久市協和に蓼科砕石工場を建設し稼働
1976年(昭和51年) 軽井沢コンクリート(株)(コンクリート二次製品製造、南佐久郡佐久穂町)の資本・経営を継承
1981年(昭和56年) (株)日興(生コン製造、長野市豊野町)に資本参加
1993年(平成5年) 上田生コン工場隣接地に鉄筋加工場開設
1997年(平成9年) ◯(株)オークサ・マテックスに商号変更
◯佐久市小田井に大型ショッピングセンター「佐久インターウェーブ」開設
2003年(平成15年) (有)シナノ生コンを設立し上田生コン工場、炭平興産(株)坂城工場、高沢生コン(株)丸子工場の製造を委託
2004年(平成16年) (株)オークサ・レディコン軽井沢の生コン製造を(有)シナノ生コンに
委託
2005年(平成17年) ◯「佐久インターウェーブ」を(株)佐久インターウェーブとして分離
◯千曲興産工業(株)(砂利・砕石製造、小諸市)を子会社とする
◯(株)オークサ・レディコン軽井沢にコンクリート二次製品製造の軽井沢コンクリート(株)を営業統合し佐久製品工場とする
2006年(平成18年) (株)富倉屋(建築資材商社、長野市)の資本・経営を継承
2007年(平成19年) (有)シナノ生コンを(株)シナノ生コンに商号変更
2008年(平成20年) ◯朝日工業(株)、(株)オークサ・レディコン軽井沢を(株)オークサ・マテックスに合併し朝日工場、佐久製品工場とする
◯(株)富倉屋松本支店を(株)オークサ・マテックス松本支店に営業統合
2009年(平成21年) (株)富倉屋を(株)オークサ・マテックスに合併し長野支店とする
2010年(平成22年) (株)オークサ・マテックス朝日工場を製造委託会社(株)諏訪共同生コン本社工場とする
2011年(平成23年) 千曲興産工業(株)を吸収合併する
2013年(平成25年) (株)佐久インターウェーブを吸収合併する
2014年(平成26年) 株式会社タカサワマテリアルに商号変更
2015年(平成27年) (株)若林商会を吸収合併し東御工場とする
2016年(平成28年) (株)日興を吸収合併し豊野支店とする
Copyright © 株式会社タカサワマテリアル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.